NEWS ∧ TOPICS

※ 参加募集を締め切りました。

ハラール圏の人口は世界の1/4を占める非常に大きな市場であり、新たな販路開拓先として、今後の取組が重要になると考えられます。
県では、UAE(アラブ首長国連邦)・ドバイを中東地域のゲートウェイと位置づけて、県産品の輸出促進を図ることとしており、昨年度は中東最大の食品展示商談会Gulfood2017にも出展しました。
今後さらに、UAEへの本県農林水産物・加工食品の輸出拡大につなげるため、UAE(ドバイ)への最も太いパイプを持つ輸出商社、(株)コスモトレードアンドサービスを講師にお招きし、セミナーと個別相談会を実施します。
セミナーのみのご参加も歓迎いたします。今後、UAEへの輸出を検討されている方や行政・関係団体の方も、ぜひご参加ください!

★セミナー・個別相談チラシ(word)

★セミナー・個別相談チラシ(PDF)

≪UAE(ドバイ)への県産農林水産物等輸出促進に向けた「セミナー・個別相談会」≫
1 日  時 平成29年9月8日(金)11:30~16:00
2 場  所 ひょうご共済会館 2階会議室 リンドウ(神戸市中央区中山手通4-17-13)
3 主  催 ひょうごの美味し風土拡大協議会
4 参 集 者 ひょうご農畜水産物・加工食品輸出促進ネットワーク会員 他
5 内  容
 (1) 午前の部:≪セミナー≫11:30~12:30
講 演:「中東地域への日本食輸出事業について」
講 師:株式会社 コスモトレードアンドサービス 海外事業部
海外事業グループ長 齊藤 久哉  氏
・ドバイへの輸出の仕組み、輸出に際して押さえるべきポイントや、現地の情勢、流行、嗜好性などの市場特性などを紹介。
(2) 午後の部:≪個別相談会≫13:00~16:00
株式会社 コスモトレードアンドサービス海外事業部 藤澤部長、齊藤グループ長が個別面談形式で、輸出を検討されている商品を実際に手に取りながら、現地での販路開拓に向けて商品ブラッシュアップ等のアドバイスを実施します。自社製品の販売の可能性を含め、ドバイへの輸出に関する疑問・不安などありましたら、この機会をぜひご活用ください。

【留意点】
ア UAE(ドバイ)はイスラム圏であり、ハラールでない原材料(豚肉、決められた方法で屠畜されていない肉、アルコール類など)を含む食品は、販売できません。
イ UAEで販売できる商品を有する事業者のみ、午後の個別相談会に参加していただくことができます。
ウ ただし、日本酒に関しては、株式会社 コスモトレードアンドサービスが独自のルートを設け、輸出商品としても取扱されていますので、ご関心のある事業者におかれては、この機会にぜひご相談ください。

※ 申込多数の場合は、①兵庫県認証食品認証取得事業者、②兵庫県産の農畜水産物、またはその加工食品の輸出を目指す事業者、③Gulfood2018への参加を検討している事業者、④過去に県・農林水産省・JETROの輸出関連事業への参加経験のある事業者を優先させていただきますのでご了承ください。
※ 個別相談会の参加希望者様には、別途様式により詳細な商品内容をお伺いします。上記留意点を満たさない等により、ご参加いただけない場合がある点について、ご了承願います。
※ 個別相談会の面談時間及び時間帯は、申込状況に応じて設定いたしますのでご了承ください。
※ 県では今年度も、平成30年2月にドバイで開催されるGulfood2018への出展者の支援をいたします。JETROの募集が開始され次第、改めてご案内いたします。

6 申込方法(参加費無料)※ 締め切り8月18日(金) 参加募集を締め切りました。
別添チラシデータの申込欄に必要事項をご記入のうえ、下記提出先にメール又はFAXにて送付してください。
(※定員に達した場合お断りさせていただくことがありますので、ご了承願います。)

7 提出先
ひょうごの美味し風土拡大協議会事務局(兵庫県農政環境部 消費流通課内)
担当:藤田、松川、高橋、土取(TEL:078-341-7711(内線4046、4047))
MAIL: shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp    FAX:078-362-4276

ひょうごの6次産業化
平成27年度事例集(PDF)

ひょうごの6次産業化
平成26年度事例集(PDF)

ひょうごの6次産業化
平成25年度事例集(PDF)

兵庫6次産業化倶楽部のお申込み

ひょうご農畜水産物・加工食品  輸出促進ネットワークお申し込み

ひょうごの6次産業化

※パソコンでカタログがご覧いただけます。

モバイル(携帯)サイト:

http://hyogo-agri.jp/mobile/

二次元バーコードを認識できる機種をお持ちの方は、こちらからアクセスいただけます。


このページのトップへ