NEWS ∧ TOPICS

兵庫県立農林水産技術総合センター・近畿経済産業局の主催で、農林水産関係者を対象とした知的財産権個別相談会が開催されます。農林水産物のビジネス展開における知的財産権について興味・関心をお持ちの方は、是非ご参加ください。詳細・申込については相談会チラシをご覧ください。

                      記
1 日時    平成26年7月18日(金曜日)13時15分~16時10分
2 場所    農林水産技術総合センター 3階 会議室
3 相談員  一般社団法人 兵庫県発明協会、知的財産総合支援窓口支援担当者知的財産専門家(弁理士等)
4 内容    知的財産権全般(特許・実用新案・意匠・商標等)
5 相談形態 個別相談  一人60分程度(事前予約制)
6 相談費用 無料
7 主催    兵庫県立農林水産技術総合センター、近畿経済産業局
8 共催    一般社団法人 兵庫県発明協会
9 協力    日本弁理士会近畿支部

ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業の日程が下記のとおり決定しましたのでお知らせします。
なお、具体的な出展内容は、ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業実行委員会で検討を行っております。

             記

日 程 : 平成27年7月16日(木)から7月19日(日)

【参考】

ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業に係る全体概要

1 目 的
和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを好機として捉え、「農」「食」「観光」が連携し、神戸ビーフ、コウノトリ育むお米等、兵庫が誇る農畜水産物や観光、文化をPRする総合イベントを実施し、兵庫の魅力をミラノから全世界に発信する。

2 展開方向
①ひょうご五国の「農」の魅力発信
(先導的環境取組の発信強化→ひょうご環境ステータスの強化)
(EU、北米等先進国向けのひょうごブランドイメージの強化)
 ・「こうのとり野生復帰プロジェクト」、「コウノトリ育む農法」等兵庫が世界を先導している環境の取組を全世界へ発信
②ひょうご五国の「食」の魅力発信(海外輸出の強化)
・神戸ビーフ、コウノトリ育むお米、丹波黒大豆、淡路島たまねぎ、兵庫のり、兵庫の酒等、兵庫が誇る農畜水産物を出展し、食べ方提案を含めて県産品のプロモーションの強化を図り、単なる素材の輸出ではなく「食文化」輸出も強化し、輸出品目や輸出量のさらなる拡大
③ひょうご五国の「観光」の魅力発信(外国人観光客の誘客強化)
・兵庫が誇るブランド農畜水産物の「食」魅力を発信するとともに、世界遺産の姫路城など兵庫の「観光」の魅力を発信し、その魅力を求める海外からの観光客の増加

ミラノ国際博覧会の概要
テーマ 地球に食料を、生命にエネルギーを
サブテーマ ①食料の安全、保全、品質のための科学技術 ②農業と生物多様性のための科学技術
        ③農業食物サプライチェーンの革新 ④食育   
        ⑤より良い生活様式のための食 ⑥食と文化 ⑦食の協力と開発
開 催 地 イタリア共和国ミラノ市郊外
会  期 2015年5月1日~10月31日(184日間)
性  格 国際博覧会条約(BIE条約)に基づく登録博覧会
会場面積 110ha
想定入場者数 約2,000万人
想定参加国等 147ヶ国

(連絡先)
ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業実行委員会事務局
兵庫県庁消費流通課ブランド戦略班:木元、浅野
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
tel 078-362-9213(直通)
fax 078-362-4276

 東アジア地域等における富裕層の増大や世界的な日本食ブームから、近年「安全安心」で「高品質」な日本産農林水産物等の輸出に取り組む好機となっており、平成17年度から現地での見本市への出展や農林水産フェアの開催による商談機会の創出などを実施しており、輸出促進に取り組んでいます。
 この度、取組の一環として、県等が予定する海外等の事業説明会を実施するとともに、県産農畜産物・加工品の海外輸出スキルアップセミナーを下記のとおり開催することとし、参加者を募集します。

1 日 時:平成26年6月25日(水) 13:30~15:30(予定)

2 会 場:神戸商工貿易センタービル26階 第1会議室
       (神戸市中央区浜辺通5丁目1番14号)

3 内 容: (1)海外及び国内事業説明
          (説明:ひょうごの美味し風土拡大協議会、ジェトロ神戸、神戸市)
         (2)輸出促進スキルアップセミナー
          海外市場の最新情報、輸出の際の留意点、商談スキルアップ等
          (講師:輸出促進アドバイザー 宮井 利之 氏)
         (3)質疑応答
         (4)その他

4 主 催:ひょうごの美味し風土拡大協議会、ジェトロ神戸、神戸市

5 申込方法:別紙申込票をFAXにて送付
         
6 締 切:平成26年6月20日(金)

 セミナーチラシ(申込票)はコチラ 

7 問合せ・申込先:
       ひょうごの美味し風土拡大協議会
       (兵庫県農政環境部農政企画局消費流通課内)
       〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
       TEL:078-341-7711 内線4046 FAX:078-362-4276
    

ミラノ国際博覧会日本館兵庫県出展事業における、県内出展団体の参加を募集します。 ※募集は終了しました

ミラノ万博日本館では、地域の食に関する取組等を発信する参加型の視点を取り入れるべく、自治体の参加募集があり、兵庫県出展事業が採択されています。
つきましては、行催事を中心とした団体・企業の参加ができるスキームを検討しているところですので、参加ご希望の団体・企業におかれましては、6月26日(木)までに別添の企画応募用紙を、Eメールまたは郵送にてご提出下さい。

1 企画概要
(1)概略
①ミラノ万博会期中に日本館内イベント広場で開催される兵庫県出展事業にご参加頂く予定です。
②ミラノ万博のテーマに鑑み、ひょうご五国の「農」「食」「観光」の魅了を発信するイベントを受け付けます。ひょうごの食・食文化に根ざした演目は特に歓迎されます。
③演目、演者のレベルにつきましては、県内各地域等を代表するに値するものを求め、下記(4)選定基準に基づき審査を行います。
④博覧会国際事務局(BIE)の各規則に反していないか(過度に宗教的でない・商業的でない等)、国際博覧会における国際交流の精神に反した内容となっていないか(二国間・国際問題に言及した内容でないか等)など、対外的な適合性について審査を行います。
⑤イベント固有の企画費・制作費、渡航費用、現地滞在費用、関連輸送費用等は参加者のご負担となります。なお、兵庫県出展事業として必要な基本的なステージの装飾・運営、映像・音響機材、可動式のテーブル・椅子、移動式キッチン等は実行委員会事務局で準備する予定です。

(2)参加資格
兵庫県内の団体(自治体を含む)、企業

(3)日時、場所
日時:2015年7月の期間中の指定された日時(日程はジェトロ本部で調整中)
会場:日本館イベント広場※屋根付き

(4)選定基準
上記(1)④の審査のほか、以下のいずれかを満たすものとします。
① 5提出資料・参考資料等の②「2015年ミラノ国際博覧会日本館基本計画」に沿ったもの
② ミラノ万博のテーマである食に関する情報の発信・交流を行うもの
③ ひょうご五国の「農」「食」「観光」を紹介し地域の活性化につなげるもの
④ 日伊の地域間交流を通じた両国の交流・相互理解につなげるもの
 ※公演内容が特定の政治、宗教、企業の活動やPRに関わるものでないこと。

2 今後のスケジュール
2014年7月中に採択の内定通知を行います。
なお、内定を受けた企画については、今後、調整しながら準備を進めていただくことになります。

3 ご提出・お問い合わせ先
 〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1
ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業実行委員会
(兵庫県農政環境部農政企画局消費流通課内) 担当:木元、浅野
TEL:078-362-9213 FAX:078-362-4276

4 提出期限
平成26年6月26日(木)必着 ※募集は終了しました

5 提出資料・参考資料等
①企画応募(記入フォーム)→コチラ
②2015年ミラノ国際博覧会日本館基本計画→コチラ
③2015年ミラノ国際博覧会日本館イベント広場参加ガイド(第1版)→コチラ
④EU向け農林水産物等に係る衛生措置等の概要→コチラ
⑤食品・飲料ガイドライン→コチラ
⑥食品エリアの衛生と安全ガイドライン→コチラ
⑦ミラノ国際博覧会兵庫県出展事業に係る事業概要書→コチラ(目次、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)

ひょうごの6次産業化
平成27年度事例集(PDF)

ひょうごの6次産業化
平成26年度事例集(PDF)

ひょうごの6次産業化
平成25年度事例集(PDF)

兵庫6次産業化倶楽部のお申込み

ひょうご農畜水産物・加工食品  輸出促進ネットワークお申し込み

ひょうごの6次産業化

※パソコンでカタログがご覧いただけます。

モバイル(携帯)サイト:

http://hyogo-agri.jp/mobile/

二次元バーコードを認識できる機種をお持ちの方は、こちらからアクセスいただけます。


このページのトップへ